筐体の設計・製作なら! Produced by 田中金属

筐体ファクトリー

□30~1000クラスの金属筐体の設計・製作なら! Produced by 田中金属

筐体ファクトリーの筐体設計技術情報

溶接加工について

部品の結合方法

Information5-1_2

板金加工製品の部品同士の結合方法は、大きく分けて機械的結合と溶接による結合があります。

機械的接合は被加工材やリベット等の結合補助材の変形を利用して接合する技術のことを指します。この場合、結合補助材を貫通するための下穴を用意し、ボルトやリベットなどを使用します。機械的結合は金属の塑性変形または一部弾性変形を利用することで締結しており、溶接を伴わないために、熱による歪みの発生がありません。
機械的接合は継手形状が重ね継手に限定されてしまい、ほとんどの場合、接合部に突起物が形成されます。継手部の設計に際しては形状的な面も考慮する必要があります。

溶接方法の分類

溶接の種類