筐体の設計・製作なら! Produced by 田中金属

筐体ファクトリー

□30~1000クラスの金属筐体の設計・製作なら! Produced by 田中金属

筐体ファクトリーの筐体設計技術情報

曲げ加工について

曲げ加工の作業手順

筐体などの板金加工製品の曲げ加工では、通常、プレスブレーキ(ベンダー)を使用します。機械フレームの下部にV溝加工されたメス金型に板材をセットし、上下するオス金型を押し込むことで加工されます。

<作業手順>
① 適切な金型を選択する
② メス金型をフレーム下部の台座へセットする
③ メス金型のV溝にオス金型の先端が適切に合うよう、オス金型をセットする
④ メス金型上に置いた板材の表面に、オス金型の刃部先端を近づけ、曲げ線を合わせる
⑤ 曲げ過ぎないように、第1段目の予備曲げを行う
⑥ 予備曲げの角度を計測し、スプリングバック戻り量などを考慮した上で第2段階曲げを行う

曲げ加工における、参考金型組み合わせ表

Information4

 

>> 『筺体 設計・製作のコストダウン・VA/VEを実現する 技術ハンドブック』 無料申し込みはこちらから